環境予想とCSでの席順 横浜VGCSレポ

需要あるかは置いておいて個人的なメモ書き程度で
結構当たり前のことも書くので知ってるわいって方はとばしてくだしあ

7/1に開催された横浜VGCS(トリオ)に参加してきました。

先方ハム7-0ぬばたま 中堅りく6-1ダクイレ 大将すが7-0ローゼ

個人チーム共に7-0で優勝しました


予選
ギア🙆
ダクイレ🙆
なるかみ🙆
ダクイレ🙆
トナメ
ジェネ🙆🙆
ギア🙆🙅🙆
グランブルー(ランナー)🙅🙆🙆


この記事では参加するに当たって行った
①環境予想
②クラン選択
③席順
について書いていきたいと思います



①環境予想

シェアは上から
ギアクロ
グランブル
ダクイレ
かげろう
ロイパラ
ジェネ
それ以外
と予想しました、順番は殆ど予想通りでしたがかげろうとロイパラが以外と多く上3つに迫っていました、これはかなり予想外でした。
f:id:worldembryo4721:20170706015510j:plain

上3つとそれ以外みたいな感じで書いていきます

ギアはバニラカリブムリシュマなどの走りやすさと序盤に札を投げても時翔による盤面再構築が優秀でGB後のファンロン、アブニール、ネクステージのパワーも相まって規制後の環境でも生き残り続けると予想しました、ヘテロが1枚になったせいで長いゲームをしづらくなった分さらに序盤に走って初回かネクステージ・GGで決めやすくするために動いてくるため前環境よりも障害度合いが増しました。実際準決勝2戦目で手札全部落とされて超越できずに負けました。

グランブルー(ローゼ)は序盤こそあまり強くないものの超越後は墓地からの蘇生から展開退却ドローCCが他のクランよりも頭3つくらい抜け出しています。圧倒的リソースでGB8まで繋いでしまえばガレオンを止められるクランは限られている上ガレオンまでのガッシュドラクートのリソース回復や退却ドロー効果も耐えられるクランは少ないです、みっく規制で他のクランと戦えるまでデッキパワーを落とさせたって感じになりました。今までが強すぎたってことですね。
ランナーはほぼ消えました。クロウによるリソース獲得が困難になりランナーを最優先で落とす意味が無くなりました。リソース獲得が難しくなったことでプレイ難度もあがり4ノーや1貫する場面も増えています、まだまだ強いですが同じクラン内に雑に強いローゼがいるので数はかなり少ないと予想しました。

ダクイレはサリヴァンによる圧倒的な防御力とアサシン、ブレダマオス、ティボールドのフィニッシャーにより環境に増えました、ギアがキツいものの5~6程度のパンチ数であれば5k札が15k札に変わるこのデッキでは滅多に死にません。相手からの退却効果も焼かれて困るユニットがいないので効きません、処理が多いのとやりづらいので時間との勝負ですが練習すれば25分で終わらせることができるようになります、テンプレみたいなのができたお陰で数は増えると思いました。ローゼを使っている身としては結構当たりたくないです。

かげろうですがズィーゲンブルグがつよいものの上3つに対しての相性があまりよくありません、このクランを現環境で選択する意味はかなり薄いと思い上3つに比べ少なくなると予想していました。横浜当日はシェア13と結構いましたが単純に上がきつくギアこそ5割に持ち込めますがローゼダクイレは当たったら負けレベルです。どちらも焼きが効かずローゼに関して言えばやってることの殆どがかげろうの上位互換です、ダクイレに関してはかげろう側がvスタンド込みで毎ターン4パンしかできないのでサリヴァンのソウルを剥がしきれず毎ターン万パンプティボールドで襲われます。悪いことばかり書いていますが上3つに比べてです、防御面ではベローグディナイアルが非常に強力でズィーゲンがほぼノーコストで起きたりとリソースも充分稼げます。ロイパラはブラスターが増える読みでした、Gガーディアンの強化やダクイレかげろうの増加でサンクが生きづらくなったのもありますがブラスターの安定感もありサンクよりも環境的に戦いやすくなりました。
これら2つのクランは上3つに劣るもののクラン人気が高くデッキパワーもあるためそこそこいるだろうとは思いました、当日は予想よりシェアが多かったです

ジェネシス、言わずと知れた無限ワイズマンですがまずこのクランに勝つ手段があるかどうかがデッキ選択の基準になると思います、そういう意味では上とそれ以外を分ける壁的な役割だと個人的には思います、シェア自体は構築プレイでメタが張れるためそれほどいないと予想しましたが1チームで1日2回あたるくらいだと思い意識しないのは無理でした。

それ以外
ルアードなるかみはもしかしたらあたるかもくらいで、ぬばたまは日が浅くまだいないだろうと思いました。ルアードなるかみは強化に期待ですがぬばたまは現環境でもかなり強い部類に入ると思います、当日はマッチングしないことを祈りながらやっていました。プレイや対策が確立されても次回追加が期待できるので密かに推してます。

ほんとにそれ以外
僕には1500円払って上記以外のデッキを握る勇気はありません、そんな鋼のメンタルを持ってる方はトータルで5%くらいなんじゃないかなと思いました。

②クラン選択

当日使ったのは
ハム ぬばたま
陸 ダクイレ
すが ローゼ

最初の時点ではハムにギアを握らせる予定でしたが余りにもへただったのとぬばたましか練習しておらず環境的にもぬばたまを対人で回して練習してるプレイヤーは少ないと考えそのままぬばたまを握って貰いました。
陸と自分はダクイレとローゼで固定で他のクランを握り練習してみるという選択肢はとりませんでした、単純に上3つの中のうちの2つで各々が1番回しているデッキを握ったことになります、ギアは3人とも理解が浅すぎて切りました。
ぬばたまが上3つに食い込むくらいはパワーがあるので新たな環境デッキとしてこれから増加していきそうです。



③席順について

当日はローゼで大将座りましたがこれはギアと当たりたいのとミラーが札ゲーすぎてやりたくないのでローゼの多い傾向にある真ん中を避けるためです。
真ん中に座らせたダクイレをギアと当てたくなくローゼとマッチングさせたかったのもあります。
ぬばたまは現状どこに座らせても対策が出来上がっていないため勝てると思いました、となるとローゼとぬばたまが逆でもとは思いますがローゼでアグロ系のデッキ踏みたくないのでぬばたまを先鋒に配置しました。
結果として決勝以外ローゼで早いデッキを踏まず、また真ん中に座ったダクイレをギアから避けさせることができました、決勝でギアとあたって秒殺されてましたがそれはぬばたまを先に持ってきていた此方も同じでダクイレを秒殺していました。僕がランナーを踏んだため決勝のマッチング的にはこちらが不利でしたがゾンビホエールライドできたのが強くスラッシュ単体では届かないので歪に殴るしかなくなり捲りもそこそこ強かったので押しきることができました。普通に不利だしつまらんので早めに消えて欲しいですね、個人的にはスラッシュスピネル両方とも2枚とかでいいと思います。


めっちゃ理由書いてますが席順は当日朝に会場で決めました、特に予想できないときはサイコロ降って決めます。どこに座っても負けるときは負けます



まとめ

今回はチーム内での話し合いをしなきゃいけないほど迷ってなかったのでチームラインも活発じゃなかったのですがそれはチーム内で各々が1番自分が使うクランを理解していたからでありまた他人の構築やプレイ指針に口出せるほどじゃなかったのもあります。
例えばなんですけどダクイレのfvは個人的にディレンジよりオルドナンツの方が強いと思っていますが、どう考えても僕より陸の方がダクイレ回してきてるしそれでBCFで結果を残して来ているので下手に口出してぶれるよりいいと思いました。
今回は選んだデッキと配置がかなり良かったので勝てた部分が大きかったです。あと3人ともアホほど捲り強かったのでそういう日だったのだと思います。おわり

すがです

バンガッドーブログはじめました

色々書きます

よろしゅう

広告を非表示にする